MENU

クラミジア感染症

性感染症のクラミジア感染症に対して

日本で一番感染者総量の多い性感染症が、クラミジア感染症だ。

 

殊にティーンエージャーに手広く、18~19年代のティーンズでは約30パーセント、20代では約15パーセントの女性がクラミジアに感染していると言われているほど、身近な性感染症だ。

 

核心なのが、感染者の約80パーセントに自覚症状が無いことでしょう。気付かぬうちに感染やる場合が数多く、自覚症状が出ない為に診査をせずに悪化して、どんどん人へ移して仕舞うという行き詰まりを生んである。

 

中には、坊やがスゴイ出来ないと診査を通して、不妊症の原因になっている卵管炎を起こしてしまい、その時にクラミジア感染が露呈するケースも少なくありません。

 

多少なりとも、おりもののコントラストや臭いなどに一変や、メンス痛という痛苦や不明朗出血を起こした場合は、早めに診査をください。

 

ありのまま放置してしまうと、ママ器物周辺の炎症がひろがり、不妊の原因となってしまう。

 

 

クラミジアの診査もの

基本的にダディーの場合は、尿診査、ママの場合は、膣分泌液による診査で判断されます。

 

現在では、自宅で独自診査が出来る付属も通販で販売されているので、医者で診査を受けるのが気まずいや、医者へ行くお忙しい人物などに全く人気の診査法だ。

 

クラミジアの感染が確定した場合は、早急に診査を行いましょう。

 

 

クラミジアの感染通り道

クラミジア感染症は、主に性行為にて感染する。通常のセックス(膣性交)だけではなく、オーラルセックスも感染する場合があるので、注意が必要です。

 

また、他の性感染症に感染していた形式、炎症要所からの感染する恐怖が全く高くなります。その為、クラミジア感染症に感染した場合も、他の性感染症といった合併する恐怖が全然高くなります。

 

HIVウイルスへの感染料率も跳ね上がり、おんなじ性感染症で有名な梅毒との一時感染やるケースも多々あります。

 

 

クラミジアの感染防御

とりわけ、不特定多数と性行為を通して、感染の恐怖は高まります。

 

本当に、不特定多数という性行為を行っているときのほうが、断然感染料率がおっきいという数値も出ています。また、クラミジアの感染防御としては、かなり有効なのはコンドームの消耗でしょう。

 

どの性感染症にも呼べることですが、コンドームをまさに使うことでさんざっぱら防御料率を高くする事が可能です。

 

但し、クラミジア感染症は、咽頭(のど)へも感染するので、オーラルセックス(フェラチオやクンニグリス)を行う結果、感染するリスクが在る結果、前戯のフェイズからのコンドーム取り付けが望ましいでしょう。

 

クラリスロマイシンTOPホームページへ